月のたてごと

テーマを決めた紙モノ雑貨の自主制作レーベルを立ち上げました。必要とされる方に届けられることが喜びです。ひらめき・きらめき・ときめきを胸に、心の喜ぶ方へ。

いつも、ご来訪ありがとうございます。

更新が遅くなってすみません。

去る5月27日(日)、開催されたヨコハマハンドメイドマルシェ、無事に終了しました。

たくさんのご来場、まことにありがとうございました。

立ち寄って下さったみなさん全て、とても温か~な眼差しで、拙い私の説明を聞いてくださり、本当に嬉しい限りでした。

【まいべすと】は、説明をしないとすぐには理解されるものではないと覚悟をしていたので、説明する気満々で挑んでいたのですが、HPやTwitterなどで事前に理解して下さっていた方も多く、ネットの威力は本当にすごいと感慨深い思いでいっぱいになりました。

もちろん、何も知らないで遊びに来て下さったお客さんもいらっしゃいましたよ。

何度も来ては、サンプルを手に取って、自由に遊んでいたお父さんとそのお子さん、

ご自身の家族とどのようにして遊ぼうかシミュレーションをし始めたご高齢の方など。

様々な方たちが、私の目の前で、いろいろな使い方をして楽しんでいる姿を見た時、こちら側がどんなに正しい使い方を提示したとしても、楽しくなくては意味がないということを改めて感じました。

使い方は、あくまでも目安だと思っていただき、あとは「楽しさ」と「遊び」をどんどん追及していただけると嬉しいです。



そしてさてさて、お待たせしました。

本日より、【まいべすと】を通販いたします。

当面は、minneのみとさせていただきたいと思いますので下記をご覧ください。

https://minne.com/items/10877999

一応、コミュニケーションカードゲームと謳っているので、ルールもあります。

そして、その場の心理状態にも左右されますので、なるべく、静かなリラックスできるような環境で行うことをオススメしています。

「話す楽しさ、聴く楽しさ」を実感していただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

まいべすと取説など

今日の一枚。

あなたの一番、好きな曜日を教えてください。













ご来訪、ありがとうございます。

5月27日(日)、一日のみですが、今年もヨコハマハンドメイドマルシェに参加させていただきます。

ヨコハマハンドメイドマルシェは、私のデビュー地でもあるので、毎年、ホームに戻る感じで、気持ちも一層引き締まります。


今回は、【まいべすと】を引っ提げて、イベントを楽しんで行きたいと思っております。


ご来場予定の皆さまには、是非お立ち寄りいただけると嬉しく思います。

まいべすと宣材用

印刷屋さんから納品され、パッキング終了後の写真です。

どうか、必要な方に届いてくれますように…。

そして、【まいべすと】をきっかけに、たくさんの笑顔が増えてくれますように…。

手前味噌でなんですが、我が家では、本当に重宝しています。

一番に感じたことは、

「カードというツールを使うだけで、自分の思っていることが言いやすくなった」

ということです。

言葉同士だけの会話だと、言いずらいことでも、カードというフィルターを通してしまうと、意外とそれが手伝ってくれて、すんなりと言えてしまうことが多いです。

そして、その相乗効果なのか、話した本人以外も、連鎖して、自分のことについて話すことに躊躇しなくなっています。

職務質問ではないので、言いたくなければ言わなくても構わないルールなのですが、何故か我が子は、「聞いて聞いて~」と、言いたくてムズムズしてしまうそうです。

実は、この現象、我が子だけが特別ではないようです。

アメリカの神経学者によると、

「自分について話すことが、食べ物やお金で感じるのと同じ「喜びの感覚」を脳のなかに呼び起こす」

とのことで、臨床的にも立証されているようです。

そして、

「セルフディスクロージャー(自己開示)は特に満足度が高い」のだそうです。

今では、当たり前のように使われているSNSですが、こちらも発信する楽しさや満足さに魅了されているからこそ、ここまで、発展したのかもしれません。


そして、企業や商売を目的にしている人たちは別として、例え、金銭に結びつかなくても、発信する楽しさというのは、お金にも代えがたい満足感があるということも言われています。


私は普段改まって、自分の事を話す気持ち良さについて、考えたことはありませんでしたが、自分の気持ちを誰かに受け止めてもらえた時にこそ、その快感を味わえるのかなとは思いました。

誰だって、自分の思いや考えを否定されたいと思って話す人はいません。

みんな、心の中では「認められたい、受け止めて欲しい」という思いを前提とし、相手を信頼した上で、初めて、自分のことを話すことができるのだと思います。

そして、自分と同じように相手も尊重できる関係が成り立っているそこには、自分の居場所という空間を見つけることができます。

「話す楽しさ、聞く楽しさ」
を体験するために【まいべすと】を使っていただけると幸いに思います。
















ご来訪、ありがとうございます。

「月のたてごと」最新作、【まいべすと】が、昨日印刷屋さんから納品されてきました。

ハンドメイドマルシェに来られる方には、一足お先にお届けできるので、楽しみにしててくださいね。


初版ということもあり、今回はあまり発注していませんでしたので、当日持って行く数のみの販売となりますので、ご了承ください。

今後は、お客様の反応を見て、増版を考えて行きたいと思っています。



ハンドメイドマルシェで、配る予定のチラシも出来上がりました。
まいべすとポストカードサイズちらし

どんなカードなのかを、まずお伝えしないことには、何も始まらないので、
今回は、【まいべすと】専用のチラシを作ってみました。

どうですか?
この気合いの入りよう(笑)

今回は、いろいろな方に興味を持ってもらって、楽しんでいただきたいという思いが私自身の中でとても強かったので、全力を尽くして、当日はお伝えしたいと思っております。

これから、どんな方が使って、どんな風に感じてもらえるのか、そこがとても楽しみでもあり、ドキドキでもあります。

でも、実際、子ども達や私の親や友だち、知り合いなど、様々な年齢層で試してみたところ、楽しさを感じながらも、勉強になることがとても多かったことに気がつきました。

このゲームは「特になし」や「わからない」も答えの一つとして、周りは受容するというルールがあるのですが、

質問カードのひとつに、

「あなたのドキドキすることを教えてください。」

というのがあり、子どもが答える番の時、なかなか答えが浮かばず、

「わからない」と言ったことがありました。

このゲームの場合、これも答えなのでOKです。

ですが、わかっていながらも、私の中ではこれがなかなか難しく、日常の感覚で思わず、「何かあるんじゃないかな?」と、つい言いそうになってしまいました。

しかしそこは、グッとこらえ、なんとか次の人に回答権を促すことができました。

私の余計な一言がなかったので、「わからない」と答えた子どもも、罪悪感を感じずに済みました。

しかし、次の質問では、答えが溢れ出て来たのか、あれもこれもとばかりに言葉が出てきて、その時、周りにいた他の子や大人たちは「すご~い」と尊敬を伴う驚きをしたところ、嬉しそうな表情と少しばかりの恥ずかしさが見られ、その場は、とても微笑ましい雰囲気に包まれました。

私は、思わず「これこれ~」と心の中でつぶやきました。

ゲームの感想を後で聞いてみると、

「言いやすくて楽しかった」と、率直に教えてくれました。

親だからと言って、子どもの答えを無理やり引き出そうとしたり、誘導することはNGだと思うのですが、口を出すことが、親の役目だと思ってしまうことも事実です。

命に関わる事や、相手に迷惑をかける行為などもありますので、一概には言えませんが、もしそうではない場合、子どもでも、尊重することは本人の尊厳を守る上でもとても大事なことだと思いました。

どんな答えであっても、自分の言う答えを否定することなく、肯定的に受け止められたと感じることは、今後のお互いの信頼関係にも、とても良い影響があると私は思います。



このカードを作ったいきさつは、また追って書く予定ですが、

実は心理学の、

◆自己開示(自分の事を話す)

◆傾聴(相手の話に耳を傾ける)

をベースに、作られています。

そして、作っていくうちに、

承認欲求
自分が価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求)

の要素もあることに気がつきました。

人間、自分のことを誰にもわかってもらいたくないと思う人はいないのではないでしょうか。

表現方法は、人それぞれだと思いますが、わかってもらいたいという信号を少なからず、どこかで発信していると思うのです。

このカードの「一番」は、自分の中での「一番」を意味しています。

でも、ひとつでなくても、OKです。

浮かんできた答え(「特になし」や「わからない」も同じ)が、その時の答えになります。

そして、ありのままの答えを、周りの人は、認めてあげることが真の目的になります。

これを言ってしまうと、ゲームにならなくなってしまいますが、

「競い合いもない、正解もないゲーム」

がこのゲームの本質です。

そして、いろいろ書きましたが、

自分のことを話す楽しさ、相手の話を聴く楽しさ

を感じてもらうことが、このカードを通して私が伝えたいことでもあります。

結果にコミットも大事ですが、このゲームは、過程にコミットが重要になります。

勝ち負けのあるゲームは、スリリングで、とても楽しいです。

それはそれで、自己を満たす目的がきちんとありますので、とても意義のあるものだと私は思っています。

しかし、勝ち負けやゴールもない、でも、終わってみたら、何だかみんなが笑顔になっている、そんなゲームもあっていいかなと思います。


大手量販店に並べられるような商品ではありませんが、自主制作レーベルだからこそできる自由な発想で、必要な方に届けられる、そんな作品をこれからも作って行きたいと思っています。












ご来訪ありがとうございます。

いよいよ来週となりました、ヨコハマハンドメイドマルシェ2018。

お天気はどうかな?

来週のお天気をまだ確認していないのですが、遠方から来られるお客様やクリエイターの方々のためにも、どうか良いお天気にめぐまれますように。



気がついたら、今年で3回目の出展となりました。

自分のブースで出展するのも、もちろん楽しみなのですが、他のクリエイターさんのブースを見て回ったり、食品ブースで昼食時のメニューを決めたりするのが、毎回本当に楽しみなので、実は自分のところの設営は早々と済ましていて、オープンまでの数十分は、ほとんど自分のブースにおらず、パシフィコ横浜のあの広いスペースを隅から隅まで、見回すことに徹しています(笑)


ブース
昨年の「月のたてごと」のブース


4年前までは、自分が出展するなんて、夢にも思っていなかったので、人生って本当に面白いなって思います。

さて今回は、HPやTwitterではすでにご紹介しているのですが、新作の「まいべすと」をメインに販売する予定です。

実際にお手にとってもらうのが一番の宣伝(笑)にもなりますので、是非、足を運んでいただけたら嬉しいです。

チラシも作成しましたので、そちらを受け取っていただけるだけでもOKです。

ハンドメイドマルシェにとっては、またもや異色と呼べるジャンル(笑)ですので、まずはどんなモノでどんな使い方をするのかを知っていただくきっかけになればいいなと思っています。

まいべすとカードサンプル
「私の一番」を教えるカード【まいべすと】


日時:5月27日(日)※月のたてごとは1日のみです。
場 所:パシフィコ横浜B.C.Dホール
ブース:Eー64

どうぞよろしくお願いいたします。

「月のたてごと」のホームページから訪れてくださった方、いつもありがとうございます。

そして、このブログで知ってくださった方、はじめまして。

「月のたてごと」主宰のhacoと申します。

主宰と言いましても、私個人しかいない、スモールスモール自主制作レーベルです。

紙モノ雑貨の企画・製作をメインに活動しています。

他にはアートセラピスト・カラーセラピストとして、近隣で活動しています。

詳細は、HPの方が詳しいと思いますので、そちらをお読みいただけると幸いです。

http://tukinotategoto.com/

こちらのブログでは、HPやTwitterでは伝えきれないことを綴って行こうと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。


↑このページのトップヘ